モトグッツイの魅力イタリア最古のオートバイメーカー「モトグッツイ」

HISTORY

現存するイタリア最古参のモーターサイクルブランド、MOTO GUZZI。

無類のモーターサイクル好きであった≪カルロ・グッツィ≫は、第1次世界大戦の勃発によりイタリア陸軍に召集されます。
間もなくして、創設されたばかりのイタリア空軍に配属となり、そこで2人の青年と運命的な出会いを果たすこととなるのです。

れが、オートバイレーサーとして名の知れていた≪ジョバンニ・ラベッリ≫と、ジェノバの資産家の御曹司であった≪ジョルジオ・パローディ≫でした。
≪カルロ・グッツィ≫は戦前からオートバイの製造修理工場であった鍛冶屋に出入りしており、革新的なモーターサイクル作りについてアイデアを練りながら、戦火の合間にバイク作りについて3人で語り合い、戦争が終わったらモーターサイクルメーカーを興そうと誓っていました。

大戦の終わった1920年、≪ジョルジオ≫は、ジェノバ港の船舶オーナーである父親のエマニュエレ・ヴィットリオ・パローディを説得し、プロトタイプのモーターサイクルの開発に必要な資金を捻出してもらい、モーターサイクルの製造を開始しました。
しかし、3人の夢であったモーターサイクル作りは、この時すでに≪カルロ≫と≪ジョルジオ≫の2人だけになっていました。≪ジョバンニ≫は、大戦終結の数日後、戦闘機のテストフライト中の事故で亡くなっていたのです。

その後、プロトタイプのモーターサイクルの開発は成功し、「MOTO GUZZI」が誕生しました。
イタリア空軍の紋章でもある、翼を広げた鷹がエンブレムとして描かれましたが、これは夢半ばにして世を去った
≪ジョバンニ・ラベッリ≫との友情に捧げられたものです。

1921-

1921-

1921年に誕生したMOTO GUZZI初の市販車、『8HP Normale』は、最高出力8hp/3200rpm、最高速度 85km/hを実現したモーターサイクルです。
同年の3月に、ソシエタ・アノーニマ・モトグッツィがジェノバで会社登記を行い、正式に会社組織としてのMOTO GUZZIが設立されました。

イタリア最大のモーターサイクルメーカーへ

イタリア最大のモーターサイクルメーカーへ

1930年代後半になるとMOTO GUZZIはイタリア国内で最も大規模なモーターサイクルメーカーとなりました。
創業当時10名ほどの従業員数から700人の従業員を抱える規模になりましたが、就職するための条件に"モーターサイクルへの情熱"が必須であったため、車両の品質にはとても定評がありました。
30年代後半にはシングルシリンダーのライトウェイトモーターサイクルPシリーズと500CCの大型車Vシリーズが発表され長きにわたって生産されました。

レースからの撤退と経営危機と縦置きVツインの開発

1957年、MOTO GUZZIの取締役会ではレースからの完全撤退を決議しました。
理由は、増えすぎたレース部門の開発・運営経費でした。
64年に創設者≪カルロ・グッツィ≫がこの世を去ったのに続いて、創業以来資金を提供し続けてきたパローディ家が破産宣告を受けるなど、MOTO GUZZIは経営危機を迎え、66年に管財人の手に渡ることになりました。

エンジニアの≪カルカーノ≫は経営危機により、レース部門からモペットや125ccバイクを開発する部門へと籍を移しましたが、ミニバイクの開発の合間をぬっては、新しい時代のモーターサイクルに思いを馳せ、ドローイングを行っていました。

経営状態から新しいエンジンを開発する事は困難と思われたが、イタリア防衛省から3輪駆動車の開発に必要なエンジンの開発を委託され、Vツインエンジンを開発し、さらにイタリア軍と警察から、このエンジンを搭載したモーターサイクルの開発を委託され、伝説のバイク、V7が誕生する事となった。

V7

V7

703cc 90度Vツインエンジンを搭載したV7は、イタリア警察と共同でテストを繰り返し、65年のミラノショーで発表される事となりました。
≪カルカーノ≫はこのV7の開発を最後にMOTO GUZZIを離れましたが、
その意思を引き継いだ≪リノ・トンティ≫によって、V7はV7スペシャル、V7スポルトへと進化し、MOTO GUZZIと言えば縦置きVツインと呼ばれるまでに定着し、
今も多くのファンを魅了しています。

LATEST

MOTO GUZZI V7 III Anniversario
2017年に50周年を迎えたV7シリーズ 世界1000台限定で記念モデルを発売

V7 III Anniversario

V7 III Anniversario

V7生誕50周年を祝し世界1000台限定で生産された
特別モデルであるV7 III Anniversario。(※日本国内限定50台)

クロームメッキ仕上げの燃料タンクにゴールドカラーのモト・グッツィ・イーグル、専用レザーシートなど数多くの特別な装備を纏った同モデルはアルミ削り出しやレーザー刻印など高い技術によるハンドメイドで細部の仕上げも施されたまさにV7の50周年を記念するに相応しいスペシャルモデルです。

-SOLD OUT-

幅広いラインナップをご用意しています
  • V7 III Carbon
  • V7 III Milano
  • V7 III Racer
  • V7 III Stone

ページトップへ