しっぽ屋ブログ

【モデル紹介】MOTO GUZZI / V9 BOBBER

2017年03月18日

本日はMOTO GUZZIのモデルの中から『V9 BOBBER(ボバー)』をご紹介したいと思います。
001_V9_Bobber

V9 BOBBERは以前ご紹介したV9 ROAMER(ローマー)のカスタム車両のような位置づけ。
名前の通り最近人気の“ボバースタイル”を取り入れた姿になっています。
ボバーとは1930~40年代にアメリカで流行したダートトラックレースのレース車両を真似たカスタムスタイル。
軽量化を求め無駄なものをそぎ落としていく手法でフェンダーを短くカットしたり、ライディングポジションが
低く構えられるようハンドルを低めに設定したりというのが代表的なカスタムです。
ちなみに語源はフェンダーをカットする所から「短く切り落とす」という意味のbobbからきています。

ここからは先日さっそくV9 BOBBERをご納車させて頂いたお客様の車両をちょっとお借りしながら
細かな部分をご紹介したいと思います。
17191226_823541817784975_8891075093948990937_n
全体的にマットカラーで統一され無骨なイメージ。

まず目を引くのは極太のタイヤですね。
17264373_823541861118304_5112763254394042126_n
17191517_823542081118282_7872638162322654196_n
V9 BOBBERの最大の特徴と言っていいと思います。
ただこれが乗ってみるとこのタイヤサイズからは想像もつかないほど切り返しが素直で
非常に乗りやすくまとまっています。

マットブラックのボディカラーにオレンジのグラフィックが良いアクセント。
16998946_823542011118289_4542870214986699911_n
タンクキャップはオプションの鍵付きタイプが装着されています。

ブランドエンブレムがキラリ。
17203221_823541864451637_5716323858305583705_n

MOTO GUZZIのアイデンティティである縦置きVツインエンジンもマットブラックで統一。
17191092_823542151118275_3300779531230019115_n
張り出しているせいもあってか非常に重厚感があります。
MOTO GUZZIが歩んできた96年という長い歴史の重みを表現しているかのようです。

メーターはシンプルな一眼。
17103699_823542021118288_259205344570126933_n
無駄なものをそぎ落としていくボバースタイルらしいメーターです。

しかし一方で必要な物はしっかりと追加もされています。
それがこちら。
17190976_823541934451630_111413666108854941_n
USBソケット。これがついているのは非常にありがたいですね。

そしてこれは純正アクセサリーではないのですが、お客様からETC取付の
ご要望がございましたので雰囲気に合うETCケースもご用意させて頂きました。
17264553_823541951118295_3067073393391834547_n

細かいところもこだわっており、ネジなんかも凝った作りをしています。
17265094_823542077784949_2243510214300024725_n
さすがイタリアといったところ。

ABSやトラクションコントロールも装備し、安全性も高まっています。

カラーラインナップは2色。
これまでの写真の『マッシブブラック』と・・・
v9-nero-massiccio

『スポーツグレー』です。
v9-grigio-sport

スポーツグレーではタンクのグラフィックも違う色になっています。
046_V9_Bobber

どちらも良い色をしていますね。

モーターサイクルジャーナリスト/佐川氏による試乗インプレッション、動画もございますので
こちらもご参考にして頂ければと思います。
MOTO GUZZI/V9 BOBBER試乗インプレッション

≪オフィシャルホームページはこちら

無骨なボバースタイルにMOTO GUZZI伝統の張り出したエンジンがよりワイルドさを惹きたてながらも
落ち着いた大人の雰囲気も併せ持つV9 BOBBER。
時にヤンチャに、時にジェントルに。そんな楽しみ方が出来る1台です。

ページトップへ